【記事掲載】住民参加型ニュースサイトTOHOKU360で、岩手県二戸市の「浄法寺干しいも」について、地元のキャラクター「浄法寺のねこ」にインタビューしました。

こんにちは。東北暮らしのライター、すずき・ちえです。

私は現在、住民参加型ニュースサイト「TOHOKU360」に通信員(ライター)として参加しています。

このサイトは、元新聞記者などメディアのプロが運営・編集し、東北地方各地に住む「通信員」が身近なニュースを取材・執筆。タッグを組んで発信しているwebメディアです。

また、年末には毎年恒例の「勝手に!東北流行語大賞」という、誰でもweb参加できるイベントがあり、毎年、地元の複数のテレビ番組で取り上げられるなど話題になっています。

詳しくは以下のリンクからご覧いただけます。

2022年3月に執筆記事が掲載されました。

今回取材したのは、岩手県の北部・浄法寺(じょうぼうじ)町(二戸市)周辺で密かな人気の「浄法寺干しいも」。

きっかけは、昨年の東北流行語大賞受賞のゆるキャラ「浄法寺のねこ」。
エントリー時の紹介文を書いたお礼にと、地元の干し芋を送ってくれたのです。(何と義理堅い……)

とても美味しく、多くの人に知ってもらいたいと思いました。
そこでSNSを通じて、取材・写真提供いただきました。
私にとって、ゆるキャラへの取材は初めての経験でした(笑)

ぜひ、ご覧くださいませ。
そして、「浄法寺のねこ」さん、取材へのご協力どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA